レッスンプロ 吉本 巧


【公開】 11年間アメリカで、最新のゴルフ理論を学び、累計20000名以上のゴルファーにレッスンをしてきた、吉本プロコーチの自信作

メディア掲載事例



もし、あなたが本気でゴルフを上達したいなら、
このまま、3分間だけこの手紙を読んでください。
この3分間で、あなたのゴルフに革命がおきることお約束します。


ラウンド3回以内に上達を実感できなければ
『全額返金』

この方法を実践後、ラウンド3回以内にあなたが上達を実感できなければ代金を全額返金いたします。詳しくはこのページの中ほどをご覧ください。


この手紙で、
私があなたにお伝えすることは



  • ■ロングアイアンで正確なショットを打てる「アイアンショットの極意」
  • ■好調、不調の波が少ない、安定したスイングをするための3つのポイントとは?
  • ダフリ、シャンクの悩みを完全に解決する方法とは?
  • ■ロングアイアンが簡単になる、アドレスの11個の重要ポイントとは?
  • トップ球やダフリ球がでる「すくい打ち」のメカニズムと対策
  • フック、スライスの改善方法とは?
  • ■練習場と同様に、ラウンドでもナイスショットを打つ極意とは?


など、ゴルフ雑誌などには掲載されていない「アイアンショットの極意」をを今から全て公開します。
一つでも気になることがあれば、今すぐに、この手紙を読んで答えを手に入れてください。


まず、「速効!アイアンショット上達術」を実践した方の体験談をご覧ください


Y.Kさん(63歳)ゴルフ歴 40年 ハンディキャップ 9 ベストスコア74 

40年間の疑問が全て解決しました




私はテイクバックの上げ方に長年悩まされてきました。

あるレッスンプロに「バックスイングは真っ直ぐ引け」と40年間言われてきましたが、この40年間ずっとバックスイングを真っ直ぐ引くことにしっくりこず、疑問を持ち続けていました。

テイクバックの引き方に違和感を覚えるようになり、テイクバックイップスのようにもなってしまったこともありました。

アドレスを構えてから、どうあげればいいかわからず体が硬直してしまうこともありました。

このレッスンマニュアルのバックスイングの章を読んで、全てが解決しました。

「今まで私が40年間かけて教わってきた動きは何だったんだろうか」と感じるぐらいでした。

「テイクバックを真っ直ぐ引く」というのは間違いだったのです。

レッスン書には細かくどうやってテイクバックを引けばいいかが書かれており、今までの私の頭の中のモヤモヤが全て解決しました。

これでテイクバックのあげ方を悩む必要がなくなりました。

これからの私のゴルフが変わりそうです!

吉本プロありがとうございました!





M.Eさん ゴルフ歴10年 ベストスコア108

「目から鱗」とはまさにこのことです。




今まで読んできた他のレッスン書に書かれていたことで当たり前と思っていたことが、実は正しくなかったと実感しました。

特に、
■バックスイングは真っ直ぐ引いてはいけないこと。

■トップのポジションでの左手首の使い方

今までのレッスン書では一切書かれておらず、正直とても驚きました。

「目から鱗」とはまさにこのことです。
もしかしたらこの吉本コーチはとてつもなく凄いコーチかもしれません。

今まで多くのコーチが言ってきた当たり前と思ってきたことの多くを否定しているのですが、それが全てわかりやすく画像で説明されているので納得できました。

他のレッスン書は「こうしなさい」としか書かれていないので、なかなか受け入れる気にはなれませんでしたが、吉本プロのレッスン書はちゃんと「どうしてそうしないといけないか」の原因が書かれているので、しっかり私の頭にも体にも浸透しました。

確かに他のレッスン書は間違っているということがはっきりとわかりました。

このレッスン書を読んだら他のレッスン書はもう読めませんね。

吉本コーチの理論はすごいです。




N.Yさん ゴルフ歴20年 HDCP 25 ベストスコア92 

今まで私が受けてきたプロとは
レッスンの発想が全く違います




私はあまり力がなく、距離が出ません。
体が小さいのでこれは仕方がないと思っているんですが、距離が出ないぶん、人よりも見た目がきれいなスイングを覚えたいとずっと思っていました。

バックスイングはそれほど悪くないんですが、フォロースルーで両肘が曲がってしまうことが自分のスイングの中でいちばん嫌な動きでした。

今までいろいろなゴルフスクールに通い、フォロースルーで両腕を真っ直ぐにしてもらうためにレッスンを受けてきましたが全てだめでした。

今までのプロは、

「フォロースルーで両腕を伸ばしてください」
としか言わず、

「フォロースルーで両腕が伸びないのは筋力がないため」
と私のせいにされ、諦められたこともありました。


わらおも掴む思いでこのレッスンマニュアルに書かれているダウンスイングの動きを試したのですが、

なんと自然とフォロースルーで両腕が真っ直ぐに伸びるようになりました!


フォロースルーで両腕が曲がってしまうのは、フォロースルーには原因がないんです。

ダウンスイングの動きが正しくないので、フォロースルーで両腕が曲がってしまうんです。

今までのレッスンでは、無理矢理フォロースルーで腕を伸ばされてきましたが、それでは表面的な解決法であり、根本的な解決にはなりませんでした。

何よりすごいのは、フォロースルーで両腕を意識せずダウンスイングだけを意識するだけで自然とフォロースルーで腕が伸びるんです!

吉本巧プロの理論はとても奥が深い気がします。

今まで私が受けてきたプロとはレッスンの発想が全く違います。

このレッスンマニュアルを読み終わったら一度吉本プロのレッスンを受けに行きたいと思います。



アイアンが上達すればゴルフは簡単
5番アイアンでピンに寄せる



少し時間をとって、想像してください。

もし、あなたが5番アイアンでピンを狙えるほど正確なショットを打てるとしたら、どれほどゴルフが楽しいでしょうか?


□ アイアンはラウンド中一番使用回数が多いクラブだから、スコアが伸びる
□ アイアンショットはスイングの基礎だから、綺麗なスイングをマスターできる
□ 距離の長いホールでも、楽にパーが取れる
□ ドライバーで多少ミスをしても、アイアンショットでリカバリーできる

そうです、
ロングアイアンが打てると、ゴルフが驚くほど簡単になるのです。


ドライバーの飛距離不足で
悩んでいませんか?




ドライバーの飛距離不足というのは、本当に悔しいものです。

いつも相手に20ヤード、30ヤード、時には50ヤードも離される。


飛ばそうと100%のフルスイングをしても飛距離は伸びるどころか、逆にミート率が落ちて飛距離が落ちてしまう。そして左右に曲がってしまう。


「ドライバーの飛距離不足」、あなたの悩みは多くのゴルファーの悩みでもあるのです。



私も昔はドライバーの飛距離不足で
悩んでいました




「あなたがドライバーの飛距離不足で悩んでいるなら、その気持ちはすごくよくわかります。なぜなら私も昔はドライバーの飛距離不足で誰よりも悩んでいたからです。」


身長170センチ、体重60キロという
海外ツアーの中では小柄な選手でした



私はゴルフ修行のため、14歳から単身渡米し、11年間アメリカのフロリダ州で修行しながらジュニア選手、アマチュア選手、プロ選手を経験しました。

私は身長170センチ、体重60キロの一般的な日本人体系です。

アメリカには身長190センチ、体重90キロ級のムキムキの体格をした選手がごろごろいます。

プロ転向後、アメリカのプロツアーに出ている時でも私より体の小さい選手に出会ったことはありませんでした。

そのような環境の中で、私が普通にゴルフをしたところで、体格が違う選手にはとてもパワーで勝つことは出来ませんでした。



飛距離を出すことだけを最優先した
スイング改造で椎間板ヘルニア。
そしてゴルフが出来ない状態に・・



1ヤードでも距離が伸ばせるように様々な苦肉の策を重ねました。

ですが、飛距離を出すことだけを最優先したスイング改造や毎ショットの満振りにより、腰を痛めてしまいました。

そして私は椎間板ヘルニアになってしまいました。

ドクターからは半年間はゴルフのプレーを一切禁止されてしまいました。

半年後に無事腰は回復しましたが、その後も100%の力でのドライバーショットを禁止されました。


正確で安定したアイアンショットを
打つことが出来れば“圧倒的”に有利




落胆の毎日を過ごしているある日、私はあることを考え付きました。

仮に、2打目を打つクラブが私の方がはるかに大きいクラブであったとしても相手よりもピンに寄せることができれば相手に勝てるのでないか。


パワーでは絶対に勝てない私が、アメリカのプロの世界で生き抜くためにたどり着いた方法が、

「パワーがある相手よりも正確なアイアンショット(=ストレートボール)を打ち、相手にスコアで勝つ」



この方法は私がアメリカで生きていくために残された最後の道だったのです。

今までは、
どうしたら1打目の飛距離を少しでも伸ばし、2打目を持つ番手を少しでも小さい番手に変えることができるかと考えていた私が、


「正確なアイアンショット」
=「完璧なストレートボール」



ボールが曲がると、正確性が失われます。

ロングアイアンでピンを狙うほど精密なアイアンショットを打つために、完璧なストレートボールを打つ方法を研究しました。



相手のPWより、、
5番アイアンでピンを正確に狙える
『アイアンショットの極意』とは?




今までは、
どうしたら1打目の飛距離を少しでも伸ばし、2打目を持つ番手を少しでも小さい番手に変えることができるかと考えていた私が、

たとえ、相手がPWで2打目を打ち、私が5番アイアンで2打目を打ったとしても、

私のショットの方がピンに寄れば勝てるという考えに変わったのです。


現在はアイアンショットを正確に打つことの重要性に気付くゴルファーが増えてきました。

ですが、当時、ストレートボールを打つという考えはそれほど重視されておらず、ほとんど理論が確立されていませんした。

ですので、ストレートボール(=正確なアイアンショット)を打つ方法というのは、自分で探し出すしかありませんでした。


奇蹟はおきた
完璧なストレートボール
(=正確なアイアンショット)
を打つためのスイング理論の完成




私は多くの時間と労力を費やし、ついにストレートボールを打つ技を体得することができました。

今まで飛距離を出すためのスイング理論とは全く違う体の動きになりました。

私はこのスイング理論を私自身の体で実践し、アメリカでプロ選手になることができました。そしてベストスコア63を出すこともできました。

ストレートボール(=正確なアイアンショット)を体得することにより、パワーではどうしても負けてしまう相手にスコアで勝つことができるようになったのです。



ドライバーより、アイアンの方が
ラウンドで打つ回数が多い
精密なアイアンショットは最強の武器




ストレートボールは私にとって最強の武器になりました。

なぜなら、通常、ドライバーショットは18ホール中、使っても最高で14回ですが、アイアンショットは遥かにこの回数を上回ります。


正確なアイアンショットが打てるというのは、ドライバーで飛距離が出るよりも実戦では強い武器になるのです。


正確なアイアンショットを武器に、私はプロになりました。

スコア160以上でラウンドして、
「才能無いからゴルフやめた方がいい」とまで言われた私が、
2年後には、ベストスコア63になるまで上達したのです。



セカンドショットを安心して打てるから
ドライバーショットまで安定してくる




1打目のティーショット時にも、2打目にストレートボールが打てると思えば、無理に力むことなく、以前よりもスムーズにスイングすることができるようになりました。

1打目のドライバーショットの方向性も自然と良くなり、フェアウェイキープ率が以前と比べて2割増しました。



追求したのは「シンプルさ」と「再現性」
精密なアイアンショットを打つ真髄
スイングにおける最重要の3項目とは




精密なアイアンショット(=ストレートボール)を打つために大切なのはたった3つしかありません。

あなたも、3つをマスターすれば正確なアイアンショットが打てるようになります。



ゴルフスイングで最も大切なのは、
「セットアップ」、「バックスイング」、
「ダウンスイング」の3つ


ゴルフスイングで最も大切なのは、「セットアップ」、「バックスイング」、「ダウンスイング」の3つです。


なぜなら、スイングでコントロールができるのはこの3つだけだからです。
ゴルフスイングは次のような動きです。


セットアップ ⇒ バックスイング ⇒ (切り返し) ⇒
ダウンスイング ⇒ インパクト ⇒
フォロー ⇒ フィニッシュ


ゴルフスイングはセットアップから始まります。

セットアップ、バックスイング、ダウンスイングが間違っていると、その後の動きで補正が必要になります。


しかし、スイングの途中で補正をすると、安定感もスピードもないスイングになります。



「セットアップ」、「バックスイング」、「ダウンスイング」に比べれば、フォロースルー、フィニッシュというのはその後の「おまけ」です。


「セットアップ」、「バックスイング」、「ダウンスイング」を正しくマスターすれば、スイングの途中で無理をせず、気持ち良く安定したスイングができるようになります。



だから、このマニュアルでは3つのポジションを完璧にマスターできるように、一般の書籍では殆ど解説しないような細かい部分まで解説しています。


ですから、正しいスイングを学ぶためには、このマニュアルさえあれば良いのです。

このマニュアルを実践することで、あなたのアイアンショットの悩みは全て解決するでしょう。

では、少しだけマニュアルの内容をご紹介します。




第1部 「セットアップ編」



ロングアイアンもしっかり打てる正しいセットアップとは
ここだけチェック!セットアップに重要な11個のポイントとは?
・ スイング中正しく腰を使えるようにするためセットアップ
・ 上半身の動きが不安定になる絶対にNGのセットアップとは?
・ 上半身はスムーズに、下半身は上半身が動いても動じないセットアップとは?
・ 多くの人が勘違いしている、クラブヘッドの角度
セットアップ時に、クラブヘッドの底が「ぺたん」とすべて地面に付くのはNG
「インパクトはセットアップの再現である」という誤解

図解と解説でわかりやすく解説してあるので直観的に理解できます。(サンプル画像)




第2部 「バックスイング編」


「バックスイングを飛線上に真っ直ぐ引く」は間違い
・ 「バックスイングを飛線上に真っ直ぐ引いてはいけない」の理由とは?
・ 腰のセンターとクラブヘッドの距離を一定に保つとは?
・ 「バックスイングの始動で手首(コック)を使う」は間違い
・ ●●を支点に両肩を回転させるとは?
・ 左手首の角度をクラブが地面と平行のポジションになるまで変えないとは?
スイングが安定するバックスイングのコツ
・ クラブが地面と平行のポジションでの、理想的な腰と肩の回転角度
・ 左手の親指の真上にクラブを乗せるとは?
・ トップのポジションでは、左手の親指はグリップの真下
・ スイング精度を高めるたけにバックスイングを2分割するとは?
・ 手首の使いすぎを防ぐコツとは?
・ トップでは●●度回転。それが飛距離を最大にする理想的角度
・ バックスイング時には、右腰が絶対に右足方向に動かない
捻転(肩と腰の回転角度の差)が大き過ぎるのはNG
・ クラブヘッドの軌道を安定させるコツ
・ 頭の位置を安定させるコツ
・ 腕と体の一体感をだすコツ
バックスイングで腰が右に流れないようにするコツ(スウェー防止のコツ)
・ セットアップからトップまでのまとめ

図解と解説でわかりやすく解説してあるので直観的に理解できます。(サンプル画像)






第3部 「ダウンスイング編」




<連続写真 掲載>
写真と解説でわかりやすく解説します。(写真●●枚) 
自分にとって理想的なダウンスイングの軌道を見つける方法
アマチュア選手の90%が該当するスライスがでるメカニズムと改善方法
・ 真実のオンプレーンスイングとは?
・ ボールが曲がるメカニズムとは?
・ ミスショットの傾向と対策
・ フックがでるメカニズムと改善方法
・ パワーフェードのメカニズム
・ ドローがでるメカニズム(プロ選手の80%が該当)
・ 真後ろから見たスイングタイプ別のクラブヘッドの軌道
・ 頭上から見たダウンスイングからフォロースルーにかけてのクラブヘッドの軌道
・ 「バックスイングの軌道とダウンスイングの軌道は一緒」は大嘘
・ 「ダウンスイングで右脇を締めろ」は正しいのか?
「ダウンスイングで右脇が締まる」は結果であって意識すべきことではない
・ ダウンスイングで意識すべきは●●の動きが正解
・ 「●●」を意識するだけで「右わきが締り」「インパクトまで"ため"がほどけない」「クラブヘッドが正しい軌道を通る」
アマチュアの95%が出来ていない。「●●」の角度はインパクトまでキープする
・ 前傾姿勢をキープする
・ ダウンスイングでの左手首と右手首が同調するとは?
・ ダウンスイングでの右ひじの動き
トップ球やダフリ球がでる「すくい打ち」のメカニズムと対策
・ スイングが不安定になる原因とは?
・ 正しいダウンスイングは「右腕でおす?」それとも「左腕で引っ張る?」
・ ストレートボールが打てるクラブ軌道
・ 理想的なダウンスイングでの腰の動き
・ 「ダウンスイングで腰を切れは切るほど良い」は間違い
・ インパクト時の腰の切り過ぎはスイングを不安定にする
正しい"腰の切り"とは?
・ ダウンスイングでは右膝がターゲット方向へ移動し過ぎはNG
「飛距離は自慢話になるだけ」、「ショットの方向性」が良いスコアを生む

図解と解説でわかりやすく解説してあるので直観的に理解できます。(サンプル画像)







「アイアンショットの極意」を
全て詰め込んだ
このマニュアルの値段は?





あなたがゴルフスイングを正しく身につけるには、最新の正しい理論を教えてくれるレッスンプロに習うのが一番です。


ただ、最新の理論をわかりやすく教えてくれるレッスンプロを探すのは大変です。

また、残念ながら、正確なアイアンショットを打てる、「シンプルで再現性の高いスイング」を追求しているレッスンプロは滅多にいません。
ですので理想を言えば、私が直接あなたにレッスンをしたいのですが、 私がレッスンを出来る人数には限界があります。

このマニュアルは、私からマンツーマンに習うことに近い状態で、あなたが練習できることを目指して作成しました。
その目標もほぼ達成できており、最高のレッスン書が出来たと自信を持っております。


通常、レッスンプロにマンツーマンのレッスンを受ける料金は1時間で1万円前後です。

このマニュアルには私のスイング理論が全て公開してあります。
このマニュアルは、あなたが読みたい時に、何時でも、何度でも利用できます。


ですので、このマニュアルをマンツーマンレッスン10回分の10万円でお譲りしようと思います。


一般の雑誌やビデオと比べるとかなり高額ですが、
私はそれでも安いと感じています。


「私のスイングノウハウを全て公開してしまってもいいのだろうか?」
いままでのことを思い返すと、その金額で割が合うはずがないからです。


このマニュアルに書いてあるノウハウの「一部分」だけでも経験し身に付けようとすると、
数年間という時間と数十万円以上の費用がかかります。


ゴルフをしたことがある方ならばすぐにわかることです。


しかも、数年間という時間と数十万円の費用をかけても、
このマニュアルに書いてあるノウハウを経験し身に付けることができない方のほうが多いのです。


あなたは、10万円で私が長い年月をかけて経験し身に着けてきたノウハウを全て一瞬にして手に入れてしまうことができるのです。


以上のような理由から、このノウハウは10万円以上の価値があると思っています。



ですが・・・

「ドライバーの飛距離不足でセカンドショットで悔しい思いをしている」
「アイアンショットが安定せず、ミスショットが多い」
と、あなたが悩んでいるのであれば・・・

同じ思いをし、その辛さを知っている私としては、

あなたに「ドライバーの飛距離不足に負い目を感じる必要がない喜び」、
「アイアンで狙ったところにボールを打てる喜び」、
「いつでもナイスショットを打てる安心感」、
「ベストスコアを更新する感動」
を味わっていただき、その思いを共有したいと思っています。



ですので、

このマニュアルは19,800円でお譲りしたいと思います。



速効! アイアンショット上達術
相手のPWより5番アイアンでピンに寄せる方法

ダウンロード版 618ページ(PDFファイル)
価格 19,800円


お申し込み後、直ぐに、レッスン書をダウンロードし読むことができます。


お申し込みはこちらをクリック
「今すぐ、面白いほどアイアンショットが上達する方法を知る」



ご利用いただける決済

お支払い方法は以下からご選択できます。

 クレジット決済 : 決済後すぐに商品をダウンロード
   カードご利用先には決済会社名「インフォトップ」と記載されます
 銀行・郵便局振込み : お振込み確認後のダウンロード
 コンビニ決済 : 決済確認後のダウンロード
  BitCash : 決済確認後のダウンロード
 * 個人情報はSSL(高度暗号化)通信により完全に保護されます。



私、吉本巧からあなたへの
返金保証です。





ラウンド3回以内に上達を実感できなければ
全 額 返 金

この方法を実践後、ラウンド3回以内にあなたが上達を実感できなければ代金を全額返金いたします。




「1.この教材を購入してゆっくりでいいので実践してみてください。もしもラウンド3回以内に上達を実感されなければ、メールを1通送信してください。購入日から180日以内であれば、あなたがお支払いになった金額を、15日以内に全額返金いたします。その際、決済手数料や振込み手数料などあらゆる費用をこちらで負担いたしますので、安心してメールしてください。

2.もし180日を過ぎてしまっても、この教材の中でご紹介した知識や練習を実践していただいたことを示していただければ、そしてそれにもかかわらず上達が実感できなかったというであれば、購入後365日まで同じように全額返金いたします。この場合も、かかった手数料などは全て私が負担いたします。

3.万が一返金を申し出てこられたとしても、教材は全てあなたのものです。返品する必要もありません。私を信用して、貴重な時間を割いてくれたあなたへのお詫び、そして感謝の気持ちだと思っていただければと思います。」


                                レッスンプロ 吉本 巧



ここで、実践者の声をご紹介します。





大村泰雅選手 14歳のジュニアゴルファー 

将来はプロゴルファーになりたいです!




はじめは、アドレスの姿勢から、バックスイング、ダウンスイングと順番に練習しています。

バックスイングでは、頭を動かさないこと、グリップを背後に引きしっかり肩を回転させることがスイング面の課題です。

特にバックスイングはスイングの始まりなのでとても重要だと思っています。

まずはバックスイングの動きを確実に体に覚えさせていきたいです。


バックスイングができるようになったら、次はダウンスイングの動きの練習をしていきたいです。

そして最終的には、セットアップ、バックスイング、そしてインパクトまでの動きを固めていきたいです。


スイングは以前に正しくできていても、悪くなってしまうことがあります。

言われたとおりに練習しているつもりでも上手くいかなくなったりしますが、コーチのレッスンですぐに直してもらえるので、レッスンはとても楽しみです。


このレッスン書には教えてもらったことがたくさん書かれてあるので何回も読みます。

何が正しいかをしっかり理解し、理想的な動きを目で確認できることはとても重要だと思います。

尊敬するコーチから、技術のこと、メンタルのこと、コースの攻略法、もっともっとたくさん吸収したいと思います。

将来はプロゴルファーになりたいです!

これからもよろしくお願いします。




プロレスラー 西村修 (にしむら おさむ)さん 

今までに比べてスコアが10打から12打減りました




プロレスラーの西村修です。

このたび私の親友であり、私のゴルフコーチである吉本巧プロが新しいレッスン書を執筆されました。

この新レッスン書の内容は「ストレートボールを打つための秘訣」というものです。

私はプロレスラーです。正直言って、体力には自信があります。

ヘッドスピードも平均男性よりもはるかにあります。ドライバーショットでも当たれば300ヤードを越えることもあります。

ですが、球筋が安定しないというのが私の最大の悩みでした。

18ホールプレーし、パー3を除いた、14回のティーショットで14回すべてドライバーを打っても、フェアウェイをキープできるのは、1回か2回程度なのです。

いくら300ヤードのドライブを放つことができても、フェアウェイにボールがなければOBやハザードに入り、ペナルティーになってしまいます。

私のスコアの3分の1はペナルティーによるものでした。

OBやハザードになってしまうと、全くゴルフにならない!

これほど悔しいことはありません。

ボールが曲がるので、できるだけフェアウェイの広いゴルフ場を探してラウンドへ行ったりもしておりましたが、やはり根本的な解決にはなりませんでした。

もう少し距離が落ちてもいいので、フェアウェイをキープできる確立が上がればどれだけスコアが良くなるだろうか、と心から痛感しておりました。

そうなのです!ゴルフのスコアを最優先するには、飛距離ではないのです。

飛距離よりも安定した球筋が良いスコアを生むための必要最低限のことなのです。

この吉本巧コーチの新しいレッスン書は、ストレートボールを打ち、良いスコアを作ることを優先したスイング理論です。

今まで私はどれほどバカなことをしていたのだ、とこのレッスン書を読んで痛感しました。

実際に私のゴルフゲームにも取り入れ、

ラウンド時の平均OB数が約4割減り、

フェアウェイキープ率にいたっては今まで1つか2つだったのが、なんと平均すると14ホール中コンスタントに10以上をキープ


できるようになりました。


スコアは、今までに比べて自動的に10打から12打減りました。

レッスン書の内容で、まだ完全に体で覚えきっていないとこともありので、これから少しずつ体が動きを覚えてきたら15打ぐらいまでスコアを良くできるという自信があります。


私はプロレスの試合に出たり、稽古をしたり、移動したりと多忙な毎日を過ごしています。

頻度に吉本巧プロのレッスンを受けたり、練習場へ通って毎日のようにボールを打ったりすることはできません。

ですが、このレッスン書があれば、実際にレッスンを受けたり、練習場でボールを打ったりしなくても、頭の中でスイング理論をしっかり学習することができます。

移動中はパソコンとともにいつもこのレッスン書の理論を学習しています。

ラウンドの前日には必ずこのレッスン書を見直し、ラウンド時に注意するポイントを2つ決め、翌日のラウンドに臨みます。

現時点の私では2つが精一杯です。たくさんポイントがあり過ぎても、ラウンド中にかえって混乱してしまいます。

毎回2つまでと決めラウンドに臨みます。

今はゴルフが楽しくて楽しくて仕方がありません。

ぜひこの快感を皆さんに味わっていただき、よりストレートボールを打ってよいスコアを掴みとっていただければと思います。

吉本巧プロは私が心から信頼するコーチです。

14歳からゴルフ修行のため単身渡米し、11年間アメリカで自分の体一つで最新のゴルフ理論を学ばれた方です。

そこらへんのコーチとはゴルフに対する思いも情熱も全く違います。

私が吉本巧プロに出会うまで何度か日本の練習場でレッスンを受けましたが、そのほとんどは一方的なプロ目線の、プロの感覚論押し付けレッスンばかりでした。

吉本プロのレッスンはしっかりとしたスイング理論の理解をベースしたレッスンです。

そして何より、レッスン書の中には画像がとても多く使用されています。

言葉だけでは伝わりにくいことがあるので、私はゴルフの参考書を読むのは好きではなかったのですが、このレッスン書は今までのものとは全く違います。


画像が多く、スイング中の体の動きがとてもイメージしやすいです。

実際にボールを打っていなくても、スイングしている自分の姿とイメージしやすくなります。

今までも様々な方法で私のゴルフゲームの上達の吉本巧プロに手助けをしてもらってきました。

吉本巧コーチの理論は皆さんのゴルフゲームを変えること間違いありません。

吉本理論をぜひ楽しんでください。

全日本プロレスリング 西村修


追伸1 :


もし、あなたが「ドライバーの飛距離が不足している」、「アイアンショットの方向性が悪く、安定しない」
とお悩みなら、このマニュアルがあなたの悩みを解決します。


このマニュアルは、その2つの悩みを解決するために作成したものだからです。

「とりあえず申し込んで、アドレス編だけでもいいから試してみてください。」直ぐに上達を実感していただけるはずです。

このマニュアルには、「アイアンショットの極意」を出し惜しみすることなく、全て詰め込みました。

あなたが、ゴルフ上達を目指すなら、いずれは必要になる知識が詰まっています。

あなたのゴルフ人生がより楽しくなるために、このマニュアルを活用してください。


追伸2 :

スコアを良くするために最も重要なことは、ショットの方向性を安定させることです。

ゴルフでは、「飛距離は見せるもの、自慢話にするもの」、「ショットの方向性の安定は良いスコアを生むもの」なのです。


今こそ、飛距離重視ではなく球筋の安定性重視にあなたのゴルフゲームを変えていく時期なのです。
私のアメリカでの挫折から、暗中模索の末に、ストレートボールを打つために必要だとされる部分だけを抽出した内容です。

私自身は、この理論に辿りつくまでに無駄なこと、遠回りをたくさんしてきました。
しかし、こうしてあなたが無駄な遠回りをしないよう、最短距離でストレートボールを打つことができる方法をお伝えすることができるならば、無駄ではなかったと思っています。

当時どうしてもストレートボールが打ちたかった私自身にこのようなレッスン書があれば良かっただろうなと思いながら、執筆をしました。
「ドライバーの飛距離が出ず、2打目を打つ番手が相手よりもはるかに大きい番手でも、相手に勝てる。」 ぜひその醍醐味をあなたも感じてみて下さい。



追伸3 :

忘れないでください。この教材には365日の返金保証がついています。

「迷っているのなら、とりあえず申し込んで、内容を確認して、少しだけでもいいから試してみてください。」

あなたの大事なお金は、1年後にだって100%そのまま戻ってくるのですから。




速効! アイアンショット上達術
相手のPWより5番アイアンでピンに寄せる方法

ダウンロード版 618ページ(PDFファイル)
価格 19,800円


お申し込み後、直ぐに、レッスン書をダウンロードし読むことができます。


お申し込みはこちらをクリック
「今すぐ、面白いほどアイアンショットが上達する方法を知る」

ご利用いただける決済

お支払い方法は以下からご選択できます。

 クレジット決済 : 決済後すぐに商品をダウンロード
   カードご利用先には決済会社名「インフォトップ」と記載されます
 銀行・郵便局振込み : お振込み確認後のダウンロード
 コンビニ決済 : 決済確認後のダウンロード
  BitCash : 決済確認後のダウンロード
 * 個人情報はSSL(高度暗号化)通信により完全に保護されます。

                                 レッスンプロ 吉本 巧




特定商取引法
Copyright(C)  www.secret-golf.com . All Rights reserved.