※注目:期間限定割引価格で販売中です。
※注目:もしあなたが望むなら、無料でその方法の全てを知ることができます。

今から、あなたのゴルフからトップやダフリを完全に取り除き
アイアンの飛距離が1番手以上伸びてしまう誰にでもできる
「本当のダウンブローの打ち方」の全てを初公開します。

アイアンのミスを減らし、飛距離を1番手のばす方法とは?

この手紙で、私があなたにお伝えすることは
  • あなたのアイアンの飛距離が一晩で1番手以上伸びる秘密の方法
  • 9割のゴルファーが誤解をしている正しいダウンブローの打ち方の秘密
  • あなたが安定して80台でラウンドするために、必ず知っておくべきこと
  • わずか2年ベストスコアを160から63に更新した秘密
  • 5ヤード刻みの微妙な飛距離調整をするための、誰にでもできる簡単な方法
  • あなたのアイアンショットからトップや、ザックリを完全に消し去る唯一の方法

などなどになります。

一つでも気になることがあれば、今すぐに、この手紙を読んで答えを手に入れてください。

私は、この手紙の中に、上の疑問の答えを“全て”書いています。
あなたが答えを知るのにするべきことは、
お金を払うなどということではなくて、少しの時間を使って、文字通りこの手紙を読むことだけです。
この手紙を読み終わったとき、あなたは既に「アイアン上級者になる方法」を手に入れていることでしょう・・・。


まずは実践された方の感想をお聞きください。

150ヤードを8番で打てるようになりました

内川 高俊さま 山形県 59歳 男性 会社員 ゴルフ歴 30年 平均スコア 90

購入してから日が浅いのですが、腰の位置の解説が分かりやすく、すくいあげようとする悪い動きが軽減しました。
スライス、チーピンが少なくなりました。セカンドOBが減りました。

アイアンの飛距離が伸び150ヤードを8番で打てるようになりました。
ドライバー飛距離は20〜30ヤードアップしました。

「速効!ゴルフダウンブロー上達術」の練習を始めたらドライバーの飛距離も伸びたのにはびっくりしました。
急に飛距離が伸びたので距離感が合わなくグリーン周りで苦戦しております(笑)

ラウンド前日に目を通しただけで、スコアアップしました

アメリカ合衆国オハイオ州 40台 男性

まだゴルフ始めたてで、クラブを振ればトップかダフリ、 当たればスライスで、幾つか本を読んでもいまいちピンとこず、どうすれば良いのか悩んでいるところで本教材に目が止まり、軽い気持ちで購入してみました。 購入の翌日にコースを回る予定があったので、内容をひと通り目を通しただけで各動作の要点を思い出しながらプレーしたのですが、それだけでも、ボールの当たる確率アップスライス減少とともに、飛距離も伸びている様で効果が確認できました。平均スコアが125前後だったのが110前半にアップとスコアアップの結果にも表れており、大変満足しております。今後更に実践して今年中の100切りを目指したいと思います。

ベストスコア87から79

木下徹様(兵庫県神戸市40代)

ボールの手前(右側)にターフが取れてダフることはあっても、ボールの先(左側)にターフが取れることがありませんでした。 少しずくクラブヘッドの最下点が左へ移動していき、今では少しずつボールの左にターフが取れることが増えていきました。

一番嬉しかったことは、音が変わったこと!うまく表現できませんが、いままでは「パフン」という音でボールを打ってたのに、今は「バシッ」っと乾いた音でボールを打てるようになってきました。
そして、先日念願の80切りを達成し、ベストスコア79出すことができました!吉本コーチありがとうございます。せっかくなので、次は70台前半を目指していきます!

ボールがクリーンに打てるようになり、飛距離が伸びました!

Y.Y様(東京都20代)

Y.Y様(東京都20代)

ハンドファーストでボールを打つ。アマチュア選手がなかなかできない動きの一つです。

吉本巧コーチが執筆した『ゴルフ ダウンブロー上達術』では、とてもわかりやすくハンドファーストでダウンブローにボールを捉えるのメカニズムを説明しています。このレッスン書を読み、動きを実践すれば理想的なハンドファーストを作ることができるようになります。

そしてなによりも、ボールがクリーンに打てるようになり飛距離が伸びます。実践する内容は、非常にわかりやすく、とにかくシンプルです。アマチュアゴルファーが必ず読むべきレッスン書だと思います。この『ゴルフ ダウンブロー上達術』皆様にお勧めします。

このレッスン書をバイブルにして頑張ります!

A.S様(東京都・女性)

A.S様(東京都・女性)

私はいわゆる『すくい打ち』でボールを打っていました。そのため、インパクトでクラブのロフト角が大きくなってしまい弱い高い球が出ていました。そもそも力がない私なので、すぐに失速する弱い球になってしまうことに悩んでいました。

特に、このレッスン書の第29章〜31章の『ダウンスイングでの右肩の動き』を行うことにより、ハンドファーストの球が打てるようになりました。

それまでは、私はダウンスイング時には右肩は下がってはいけないと思っていました。ですがダウンブローにボールを打つためには、ダウンスイング時には右肩は下がらないといけないのです!今まではナイスショットするために、ダウンスイングで右肩を下げないようにしていたのですが、今までの私は全くの間違いだったのです(涙)

まだまだ全てのショットでダウンブローになるわけではありませんが、少しずつダウンブローのショットが打てるようになって嬉しいです。

これからもこのレッスン書をバイブルにして頑張ります!

他にも実践された方からたくさんの感想を頂きました。このページの後半でご紹介致します。


遅くなりましたが、簡単に私の自己紹介をさせてください。

こんにちは。ゴルフコーチの吉本巧です。

レッスンプロ 吉本 巧

私は現在、東京と神戸を拠点にレッスン活動を行っています。

過去18年の間に、アメリカと日本を通して、のべ20,000名以上のゴルファーにレッスンを行ってきました。

TVやゴルフ雑誌に多数出演させていただいています。

メディア掲載事例

メディア掲載事例

この話をするのは、恥ずかしいのですが、、、
「才能無いからゴルフやめた方がいい」と言われました。

この話をするのは、恥ずかしいのですが、、、

ゴルフを始めたばかりの私は、
『アイアンショットがダフル、トップになる、シャンクがでる』
『弱々しいショットしか打てない』

と、悩んでいました。

スコア160以上でラウンドして「才能無いからゴルフやめた方がいい」とまで言われました。

悔しくて仕方がなく、それでもゴルフが上手くなりたかった私は、単身でアメリカに渡り、あるコーチにゴルフを習いました。今までの常識はガラガラと音をたてて崩れました。

「なんだ、アイアンショットに必要なのは、たったこれだけなんだ・・・」

多くのアマチュアゴルファーと同様に、私はアイアンショットについて、いくつかの誤解をしていたのです。
そしてアメリカで正確で力強いアイアンショットを打てる”ある秘密”を見つけた結果…
わずか2年で日本代表選手になり、ベストスコア63になるまで上達しました。

正確で力強いアイアンショットを打てる”ある秘密”とは?

結論から申し上げますと『ハンドファーストでダウンブローにボールを捉える』です。 なぜ『ハンドファーストでダウンブローにボールを捉える』とアイアンショットが正確で力強くなるのか?

それは、ゴルフクラブがそのように設計されているからです。
『ダウンブロー』でボールを打ったときに、アイアンはボールを真っ直ぐ、遠くに飛ぶように設計されているのです。

この手紙を読んでくれている勉強熱心なあなたのことです。
「なんだそんなことか、知っているよ」と思うかもしれませんね。
でも「どうすればダウンブローに打てるのか?」をわかりやすく教えてくれる人は少ないです。

わかりやすく教えてくれる人が少ないため「アイアンショットのミスが減らない」と悩む人が多いのです。

どうすれば、ハンドファーストでダウンブローにボールを打てるのか?

『ハンドファーストでダウンブローにボールを捉える」には、チェックポイントは6つあります。

あなたのスイングで出来ているか?ボールを打つ瞬間の形をチェックして下さい。

OKですか?

それでは、チェックしてみましょう。

Point1
クラブヘッドの最下点がボールよりも左足側(ターゲット方向側)にある状態
ポイント1
Point2
グリップがクラブヘッドよりも左足側(ターゲット方向側)にある状態
ポイント1
Point3
グリップの位置は、左足の付け根の正面
ポイント1
Point4
左足は地面と直角
ポイント1
Point5
体重の比率は右足4:左足6
ポイント1
Point6
左腰の方が右腰よりも少しだけ高い状態
ポイント1

いかがでしたか?
もしあなたが、6つのチェックポイントを全て満たしていれば、あなたはかなりの上級者ですね。

この6つのチェックポイントを達成できたとき、アイアンはボールをより真っ直ぐ、より遠くに飛ぶように設計されています。

6つのチェックポイントからはずれていても心配ありません。6つ全てできているアマチュアゴルファーは殆んどいません。プロでもできていない人がいます。

むしろ、『できていないチェックポイントが多いなら嬉しいこと』です。

なぜなら、
できていないチェックポイントが多ければ多いほど、あなたにはまだ上達のチャンスがあるからです。

『ハンドファーストでダウンブローにボールを捉える』のメリットとは?

では、この『ハンドファーストでダウンブローにボールを捉える』にはどんなメリットがあるのでしょうか?
『ハンドファーストでダウンブローにボールを捉える』のメリットは多数あります。

ハンドファーストでダウンブローにボールを捉えると、
『アイアンの飛距離がアップする』

想像してください。自分のスイングに多くの力を注ぎ込めるようになり、アイアンショットがそれまでより20ヤードも遠くまで飛ばせるようになったあなたを。

ハンドファーストでダウンブローにボールを捉えるとアイアンの飛距離が伸びます。

なぜなら、ハンドファーストでダウンブローにボールを捉えるができた時に、最大の飛距離がでるようにアイアンはデザインされているからです。

ハンドファーストでダウンブローにボールを捉えるでボールを打つと、真芯でボールを打つことによりクラブヘッドのパワーが、効率よくボールに伝わります。
ボールが最大の飛距離をだせる回転数となると同時に、スイング中にためたパワーを効率よくボールに伝えるのです。

もし、あなたが年齢とともに飛距離が落ちてきたと悩んでいるなら、以前と同じか、それ以上の飛距離を手に入れることができるでしょう。

年齢とともに飛距離が落ちるのは、体力の低下や体が硬くなることにより、ヘッドスピードが落ちてくることが原因です。ハンドファーストでダウンブローにボールを捉えると、体力の低下をカバーできる分、飛距離が伸びます。

ここで学ぶスイングは、体に負担のかからないスイングなので、年齢により体が硬くなってきていたとしても、飛距離を伸ばせます。

ハンドファーストでダウンブローにボールを捉えると、
『狙った方向に正確に打てる』

想像してください。
あなたの打ったボールが、ピンに向かって、力強く、真っ直ぐに飛んで行くところを。

ハンドファーストでダウンブローにボールを捉えると狙った方向に真っ直ぐにボールが飛ぶようになります。
今まで池やバンカーを怖がっていたホールで、自信を持ってショットを打ち、楽々、グリーンにボールを運べるようになります。
あなたの打ったボールが、シュッと音を立てて、狙った方向に力強く飛ぶ、最高の気分を全てのショットで体験してください。

ハンドファーストでダウンブローにボールを捉えると、
『トップや、ザックリのミスショットが減る』

ハンドファーストでダウンブローにボールを捉えると、トップやザックリのミスショットが減ります。

ライによる影響が少なくなり、芝が薄い、ベアグラウンドでもナイスショットを打てます。

ハンドファーストでダウンブローにボールを捉えると、クラブヘッドの最下点がボールよりも左足側(ターゲット方向側)になるからです。

この状態でダフる(=ボールの手前を打つ)というのは、ほぼ不可能です。

アイアンでハンドファーストでダウンブローにボールを捉えるをすると、プロのようなターフがとれるようになります。
トップや、ザックリが激減するだけでなく、ロングアイアンでも美しいターフが取れるショットを楽しめます。

ハンドファーストでダウンブローにボールを捉えると、
『5ヤード刻みの微妙な飛距離調整ができるようになる』

ハンドファーストでダウンブローにボールを捉えると5ヤード刻みの距離調整を行うなど、微妙な距離を打ち分けができるようになります。

なぜならハンドファーストでダウンブローにボールを捉えると、最大の飛距離がでると同時に、飛距離と方向性が安定するからです。

飛距離と方向性が安定するので、少しクラブを短くもつ、スイング幅を調整することで微妙な距離調整ができるようになるのです。

ハンドファーストでダウンブローにボールを捉えると、
『スコアが大幅にアップする』

アイアンショットの致命的なミスが、トップとダフリです。トップとダフリはスコアダウンに直結します。
ハンドファーストでダウンブローにボールを捉えると、トップとダフリはよほどのことが無い限り、発生しません。

アイアンのミスでスコアを落としているなら、ダウンブローに打てると大幅なスコアアップを期待できます。

ハンドファーストでダウンブローにボールを捉えると、
『ナイスショットの「あの手応え」を
いつでも楽しむことができる』

ハンドファーストでダウンブローにボールを捉えることの恩恵は、スコアだけではありません。
スコア以上にゴルファーとしての喜びがあります。

『ナイスショットの「あの手応え」をいつでも楽しむことができる』

ナイスショットが打てたときの、あの「ビシッ」という最高の手応えをラウンド中、一打一打楽しみながらゴルフができるのです。

そのためには、ダウンブローのショットをマスターする以外に道はありません

アイアンショットも、シューと音を立てながらボールがとぶ、キレのあるショットが打てるようになり、ロングアイアンでも、グリーン上でボールが、キュッ!と、止まるようになります。

『ハンドファーストでダウンブローにボールを捉える』を
マスターする方法とは?

『ハンドファーストでダウンブローにボールを捉える』を身に付けるために最適なプログラムがあります。

それが、これから紹介する「速効!ダウンブロー上達術」です。

このプログラムはとてもシンプルで、ゴルフ初心者でも『ハンドファーストでダウンブローにボールを捉える』を短期間にマスターできるように作りました。

もちろん、中級者、上級者がスイングを直すためにも、最適なレッスン書です。

難しい内容ではありません。スコア160以上でラウンドして「才能無いからゴルフやめた方がいい」とまで言われた私が、2年でベストスコア63を出すまでに、上達したのがその証拠です。
もちろん、あなたが長年、ゴルフを続けていたのなら、スムーズに実践できるでしょう。

レッスン書の中身を一部ご紹介します

それでは、このレッスン書の一部をご紹介します。

第1章  はじめに

このレッスン書を活かすためのマインドセットをします。
ゴルフはスイング理論だけでは上達しません。上達するための考え方も大切なのです。
あなたが最短で上達できる考え方をお伝えします。

第2章〜第3章  ダウンブロー

プロ選手などテレビで見ていると、ボールを打った時にターフ(芝)を取っています。選手によっては『わらじ』のようなターフを取っている選手もいます。

あの綺麗なターフが取れるダウンブローの動きをお伝えします。

よく、『クラブを上から叩きつけろ』『鋭角にクラブを降ろしてきてボールをつぶすように打て』ということを聞いたことがあるかもしれませんが、それらは全て間違った意識です。

クラブを上から叩きつける動きはショットが不安定になり、ミスショットが増えてしまいます。
ここでは「世間一般の間違ったダウンブロー」と「力強くて、ミスショットの少ない本当のダウンブロー」の違いを詳しくご紹介します。
これを知らないとダウンブローをマスターするのは難しいでしょう。

図解と解説でわかりやすく解説してあるので直観的に理解できます。
(サンプル画像)
サンプルイメージ サンプルイメージ サンプルイメージ

第4章〜第6章  ハンドファースト

本当の意味での『ハンドファースト』をレッスンします。

弱弱しい『すくい打ち』とは永久におさらばです。

本当のハンドファーストをマスターすれば、ダフりで悩むことがなくなります。
ダフリが無くなるので、ベアグラウンドのようにボールの下に芝が無い状況でもナイスショットが打てるようになります。
冬の薄い芝でも、夏のフカフカの芝の上でも同じように力強いショットをビシッと打てるようになります。

スイングの最下点でボールを打つと勘違いしている方がいますが、その考えが間違っている理由を説明します

本当のハンドファーストをマスターすることで、飛距離が出る、より直進力が強く真っ直ぐ飛ぶ、より風に影響されない強い球が打てる、クラブのパフォーマンスを最大限に引き出すことができるようになります。

図解と解説でわかりやすく解説してあるので直観的に理解できます。
(サンプル画像)
サンプルイメージ サンプルイメージ サンプルイメージ

第7章〜第8章  インパクト

インパクト時の「腰」、「体重」、の状態を知るために、多数の写真を使い説明します。

正面からだけでなく後方、頭上からの見たときの腰、肩の角度も理解していただきます。多面的に解説するので、より深くゴルフスイングを理解できます。

図解と解説でわかりやすく解説してあるので直観的に理解できます。
(サンプル画像)
サンプルイメージ サンプルイメージ サンプルイメージ

第9章〜第12章  セットアップ

セットアップとはアドレスのことです。
『ダウンブローにハンドファーストでボールを捉える』ための理想的なセットアップ(アドレス)の形をマスターします。

セットアップの時点で、程よい筋肉に張りを感じる状態をマスターすることで、あなたの最大のパフォーマンスを出すスイングができるようになります。

ゴルフでは、上半身と下半身の筋肉の使い方が全く違います。上半身はスムーズに柔軟に動ける筋肉。下半身は上半身が動いても動じない踏ん張る筋肉。
アドレスの必須ポイントを知ると最大のパフォーマンスを出すスイングができるようになります。
これを知らないとスイングをいくら見なおしてもショットは安定しません。

図解と解説でわかりやすく解説してあるので直観的に理解できます。
(サンプル画像)
サンプルイメージ サンプルイメージ サンプルイメージ

第13章〜第15章  グリッププレッシャー

グリッププレッシャーはスイング理論と同じぐらい重要です。唯一、体とクラブが接するポイントなので、ここの力加減でクラブの動きが大きくかわるのです。

ですが、グリッププレッシャーにフォーカスしたレッスン書は少ないですね。 そもそも知らないのか、または、読者が興味をしめさないから取り扱わないのかどちらかですね。

ただ、グリッププレッシャーはスイング理論と同じぐらい重要なので、しっかりとご説明します。
よくある、『ゆるゆるで握れ』は大間違いです。『ゆるゆるで握れ』と誤解が多い理由と、あなたに最適なグリッププレッシャーをチェックする方法をご説明します。

また、スイング中、グリッププレッシャーは一定ではないのです。
その理由と正しいグリッププレッシャーの変化もご説明します。

正しいグリッププレッシャーをマスターすることで、スイング軌道が安定する、スイングクラブヘッドが走る、最大のヘッドスピードがだせる、スイング中のクラブヘッドの軌道を安定する、バックスイングでしっかり肩が回転しやすい、手打ちスイングになりにくい、ダウンスイング時に理想的な軌道になるというメリットがあります。

図解と解説でわかりやすく解説してあるので直観的に理解できます。
(サンプル画像)
サンプルイメージ サンプルイメージ サンプルイメージ

第16章〜第18章  バックスイング 体重移動

多くのアマチュアゴルファーが「体重移動」を勘違いしています。腰を大きく移動する人が多すぎです。正しい「体重移動」はシンプルです。

正しいバックスイングをマスターすることで、ハンドファーストでダウンブローにボールを捉えるを安定して再現できるようになります。バックスイングで腰が右に流れる人が多いですが、スエーを防止するコツをご説明します。

次の矛盾するアドバイスは、どちらが正しいのでしょうか?

『バックスイングで体重を右足の股関節に乗せろ』
『バックスイングで腰が右に流れてしまうとスエーしてしまう』

石川遼選手、タイガー・ウッズ選手に共通する腰の動きをマスターします。
正しい「体重移動」のメカニズムを一度理解すると、あなたは2度と「体重移動」で悩むことは無くなります。

図解と解説でわかりやすく解説してあるので直観的に理解できます。
(サンプル画像)
サンプルイメージ サンプルイメージ サンプルイメージ

第19章〜第20章  バックスイング 肩の動き

この章では以下のことを説明します。

バックスイングの始動で絶対にしてはいけないこと

バックスイングでは、手首を使う?使わない?

『アーリーコック』は難易度が高いとは?

バックスイングはどの動きからスタートさせるのが理想的なのか?

シンプルなバックスイングを心がける理由とは?

バックスイングで動かさないようにするのは、頭じゃなく、●●が正解。

などなど、、、バックスイングの肩の動きを少し見直すだけで、素晴らしいスイングになる方は多いです。

図解と解説でわかりやすく解説してあるので直観的に理解できます。
(サンプル画像)

第21章〜第23章  バックスイング クラブの動き

多くのレッスンで説明されている、「バックスイングでクラブヘッドをこの飛球線上に引く」が間違っている。その理由とは?
バックスイングでのクラブの動きを徹底的に解説します。

明確にイメージできる人は少ないですが、クラブの動きを正しく把握できると、スイングが安定するようになります。

図解と解説でわかりやすく解説してあるので直観的に理解できます。
(サンプル画像)

第24章〜第26章  トップ

トップポジションでは、安定して力強いボールを打つために「間」が大切です。

打ち急ぎはダフり、シャンク、スライスの原因となります。

「打ち急ぎ」とは、どんな動きなのか?なぜ発生するのか?防止方法は?

トップポジションの一瞬にかくされた「6つの間と時差」とは?
トップポジションで大切な「間」について解説します。

人によって「間」の取り方が大きく異なります。
「間」が短い方が良いケース、長い方が良いケースを解説します。

あなたにとって理想的なトップの間を見つける、簡単な方法を説明します。

理想的なトップの『間』を体感できる、ラウンド中でもできる簡単な方法です。

あなたにとって理想的なトップの間を見つけることで、理想的な切り替えしができるようになり、ダフり、シャンク、スライスの原因である、打ち急ぎがなくなります。

図解と解説でわかりやすく解説してあるので直観的に理解できます。
(サンプル画像)

第27章  ダウンスイング 右腰の動き

『ダウンスイングで思い切り腰を切れ』は正しいのか?
なぜ、腰の回転を意識すると、ショットが乱れるのか?
飛距離を伸ばし、安定したショットを打てる、正しい「腰の切り方」とは?
この章では、飛距離を出すための回転を作りながら、同時に安定性をだすための腰の動きを解説します。
ダウンスイングでの右腰の動きをマスターすると、今以上に飛距離が伸び、ショットが安定します。

図解と解説でわかりやすく解説してあるので直観的に理解できます。
(サンプル画像)

第28章  ダウンスイング 右足踵の動き

まったく異なる2つのアドバイス、どっちが正しい?

『ダウンスイング時に右足の踵を浮かせて右足を蹴れ』
または
『右足の踵が浮かない方が良い』

誤解している人が多い、右足の正しい動きを解説します。
正しい右足踵の動きをマスターすることで、ハンドファーストでダウンブローにボールを捉えやすくなります。

図解と解説でわかりやすく解説してあるので直観的に理解できます。
(サンプル画像)

第29章〜第31章  ダウンスイング 右肩の動き

『ダウンスイング時には右肩を下げてはいけない!』というのは大嘘
なぜ、そんな都市伝説が生まれてしまうのか?を解説します。
ダウンスイングの肩の動きは実はとてもシンプルなものです。
正しいダウンスイングの肩の動きを理解していると、スッと気持ちよい、スムーズなスイングができるようになります。

図解と解説でわかりやすく解説してあるので直観的に理解できます。
(サンプル画像)

第32章〜第33章  頭上からのスイング

あなたは、ボールを打つ瞬間、胸の面は真正面を向いていると思っていませんか?

それでは、スイングの最下点はボールの真下になり、少しのミスでダフリが発生してしまいます。

トップのポジションで、腰、肩、グリップ、クラブヘッドはどこをとおり、どれだけ移動しているのか?スイング中どのようなポジションになっているのか、頭上から撮影した連続写真で徹底的に解説します。

この章では、スイング中の各ポジジョンにおいて、体の動き、クラブの動きを完全に理解できます。

ゴルフ雑誌ではスイングの正面、後方からの連続写真を使った説明は多いですが、頭上からの連続写真は少ないですね。そのため、多くのアマチュアが間違ったイメージでスイングをしています。

頭上から撮影した連続写真でスイングを理解することで、正しいスイングを理解していただきます。

図解と解説でわかりやすく解説してあるので直観的に理解できます。
(サンプル画像)

第34章〜第36章  ハンドファーストでダウンブローにボールを捉えるために

『ダウンブローハンドファーストの形』でボールを捉える。

ことができない人の99%はダウンスイング時に正しく肩が動かせていません。
正しく肩を動かせるとハンドファーストでダウンブローにボールを捉えやすくなります。

ハンドファーストでダウンブローにボールを捉えるを作れない人が多い理由とは?

『ダウンブローにハンドファーストでボールを捉える』には、そもそもの人間の持って生まれた『本能』に反した動きが必要になります。


『ダウンスイングでの腰の移動』が重要ですが、多くの人が勘違いをしている箇所です。

ここをマスターすれば、ナイスショットの「あの手応え」でボールを打つことができます。

第37章  ダウンスイングの右膝の動き

ダウンスイング時に右膝を内側に入れ過ぎてしまう方が多いですが、それはNGです。
ダウンスイング時に右膝について正しい動きを解説します。

第38章〜第39章  フォロースルーでの肩と腰の回転

フォロースルー時にあることを意識するだけで、肩の回転速度があがり、ヘッドスピードがあがります。結果として、飛距離が伸びます。そのあることとは?

図解と解説でわかりやすく解説してあるので直観的に理解できます。
(サンプル画像)
サンプルイメージ サンプルイメージ

第40章  フィニッシュのチェックポイント

フィニッシュをチェックすることで、スイングの改善点がわかります。スイング改善したい時、どこを直すか明確になります。
フィニッシュには、スイングの良し悪しがわかりやすく出るからです。
良いスイングなら、自然と理想的なフィニッシュになります。

スイングの改善点が一発でわかるように、フィニッシュのチェックポイントをご説明します。

自分でスイングをチェックできるようになると、上達が早くなります。

アドレスから、フィニッシュまで体の動きが静止しているのは、アドレスとフィニッシュだけです。体の動きが止まるフィニッシュは体の動きが止まるので、スイングをチェックがしやすいのです。

以上がレッスン書の内容になります。

更に特別プレゼントを用意しました

このレッスン書はハンドファーストでダウンブローにボールを捉えるを作ることだけに特化したレッスン書です。
ゴルフ上達のために、スイングを改善するためのレッスン書としては、これ以上ないものができたと自信を持って断言できるほどの内容になっています。

しかし、ゴルファーの悩みは人それぞれです。

あなたのゴルフの悩みを全て解決し、あなたが本来の実力を出しきり、最高のゴルフスコアを短期間で出すには、微妙に不十分かもしないと考えました。

ですから、その心配を解消するために、以下の補足教材を無料でお付けすることにしました。

特典1
カットスライスを修正する方法

『ドライバーを振ると大きくスライスしてしまう』という方は多いです。
スライスには幾つかの種類があるのですが、中でもカットスライスは、特にゴルフを始めてすぐの初心者の方や、男性で力任せにドライバーを振り回す方に多いスライスです。

カットスライスとは、飛球線(ターゲットライン)よりもボールが左に打ち出sされた後、大きく右に切れ、飛球線よりもボールが右に着地する球筋です。

カットスライスの修正方法を詳しくご紹介します。

やっかいなカットスライスが発生する原因を解説した後、3段階に分けてあなたのスイングを改善します。
この3段階でスイングを改善すれば、飛距離がでない、方向性が悪いというカットスライスに悩むことはなくなります。

図解と解説でわかりやすく解説してあるので直観的に理解できます。
(サンプル画像)

特典2
正しくスイングを直す順番

ここで解説する「正しくスイングを直す順番」とは、スイングを改善する場合に知っておく必要がある知識です。

知っておいた方が良い」ではなく、「知っておかなければならない」です。

あなたは、こんな悩みを経験したことはないですか?

『スイングを改善したつもりなのに、時間が経つとすぐに戻ってしまう』

『スイングを改善したつもりなのに、かえって調子が悪くなった』

この悩みの原因は、根本的には同じなのですが、実に単純なカラクリがあります。
この原因と対策を知ることで、スイング改善後に戻る心配が少なります。

元に戻らないようにスイングを直す方法があるからです。

スイングを改善後におこる、一時的な不調を防止できるようになります。
不調が発生しないようにする方法と、不調になる期間を短くする方法を解説します。
これであなたはスイング改善後の不調を心配することなく、安心してスイング改善をできるようになります。

また、こんなことを疑問に思ったことはありませんか?
『すごい癖のあるスイングをしている人でもナイスショットが出る』

これも、実に単純なカラクリがあります。

このカラクリを知り、スイングを改善すると見た目もきれいなスイングで、ナイスショットを打てるようになります。
この教材の中で、詳細に説明します。

図解と解説でわかりやすく解説してあるので直観的に理解できます。
(サンプル画像)

特典3
スコア100を切るために重要な3つのポイント

スイング中の技術的なポイントではなく、100 を切るために必要なメンタルのポイントを3つご紹介します。

後少しでスコア100 を切れるというレベルのゴルファーは、実は技術的にはもう十分100 を切る実力を持っているのです。

では、なぜいつももう少しの所で100 を切ることができないのでしょうか。
その原因はラウンド中のメンタルに原因があります。
メンタルとは「考え方」です。
「考え方」ですので、次のラウンドからすぐに実践できるものばかりです。

あなたが、
「後少しで100を切れるのに!」

そんな悔しい思いをされているなら、教材の中でご紹介する3つのメンタルポイントを実践することで100を切れる可能性が高いです。

特典4
ドライバーの飛距離をアップさせる方法1

スイング中の頭の位置を調整して飛距離をアップさせる方法をご紹介します。
この方法を取り入れている選手はツアーでも数多くいます。
ドラコン選手などには特にこの動きを取り入れている選手が多くいます。
頭の位置を調整して飛距離をアップさせる方法と、実践する場合の3つの注意点をご紹介します。

特典5
ドライバーの飛距離をアップさせる方法2

バックスイングでの捻転差を大きくして飛距離をアップさせる方法をご紹介します。
バックスイングでの肩の回転と腰の回転の差を大きくし、『捻転数』を大きくすることにより、ヘッドスピードがアップし、飛距離が出るようになります。

『捻転』とは、バックスイングでの『肩の回転数』と『腰の回転数』の『差』です。
『捻転数』をアップさせる方法をご紹介します。

『捻転数』をアップさせることで、飛距離が伸びますが、幾つか注意点がありますので、解説します。

飛距離を伸ばすと同時に、オーバースイングを防ぐ、正しくクラブの芯でボールをヒットできるようになる、前傾角度をキープしてスイングを安定させることができるというメリットもあります。
その理由と、具体的な実践方法をご紹介します。

特典6
ドライバーの飛距離をアップさせる方法3

バックスイングで腰を右へ移動させてその反動でヘッドスピードをアップさせ飛距離をアップさせる方法をご紹介します。
大きく飛距離アップができる方法ですが、注意点が3つありますので、具体的な実践方法をご紹介します。

特典7
短い距離のショートパットを入れる方法

ショートパットをミスしてしまう原因上位5つについて、原因と防止法をご紹介します。

◆ストローク中に下半身が動きすぎている。
◆フォロースルーが極度に小さい
◆ストローク中に首の付け根が動き過ぎている
◆ストローク中に両耳の高さが変わってしまう
◆ストローク中に手首を使い過ぎている

もし、あなたがショートパットを苦手としているなら、この5つのどれかに、あてはまる可能性が高いです。

ショートパットのミスを1つ減らせば、スコアが1つのびますので、スコアアップには重要です。
また、この5つのどれかに当てはまるなら、ラウンド中同じ原因でショートパットをはずしている可能性が高いので、その癖を直すことで、パット数を大きく減らすことができます。

特典8
パター上達ドリル1(芯でボールを捕らえる)

パットイズマネーと言われるように、パット数を減らすことはスコアアップにかかせません。
ですので、効果の高いパター上達ドリルをご紹介します。
まずは、クラブヘッドの芯で捕らえるようになる、室内でできるパター上達法ドリルです。
ヘッドの芯でボールを捉えることで、距離感が安定し、ボールが狙ったところに打てるようになります。

特典9
パター上達ドリル2(ストレートなストローク)

ショートパットのストロークはほぼ『真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出すストローク』にすると、カップインの確率が高くなります。
ここではストロークを安定させるドリルをご紹介します。

ストロークが安定させることで、1.5m以内のパットが得意になります。

特典10
パター上達ドリル3(フェースコントロール)

ショートパットで、右や左にボールをはずしてしまい、カップインできないという方に効果的な練習ドリルをご紹介します

特典11
パター上達ドリル4(ダフリ、トップ防止)

ショートパットで、ダフり、もしくはトップをしてしまいカップインできないという方に効果的な練習ドリルをご紹介します。
パターでダフったり、トップしてしまうとお悩みなら、ぜひ試してみてください。

特典12
スイング動画ファイル
特典12:スイング動画ファイル

あなたに6つのスイング動画ファイルをプレゼントします。
練習前、ラウンド前のイメージトレーニングにご活用ください。


■動画ファイルのうちわけ

ドライバー 通常スピード
スロースピード
アイアン 通常スピード
スロースピード
アイアン(後方) 通常スピード
スロースピード

■スイング動画の利用方法
   ◆通常再生でスイングリズムを体感します
   ◆スロー再生でスイングの細部を脳裏に焼き付ける
   ◆練習時、ラウンド時にスイングを始める前にスイングをイメージします

この手法で練習を続けていれば、脳裏に描く理想像と現実の自分とがぴったりと重なっていき、理想のスイングを効率よくマスターできます。

ジャック・ニクラウスは著書『ゴルフ・マイ・ウェイ』の中でこのテクニックを使って史上最高のゴルファーになったと明かしています。 ニクラウスはショットの前に必ず、フォームのはじめから終りまでを心の中のスクリーンに映写していたといいます。

『練習の時でさえ、脳裏に鮮明な映像が流れてからでないと、私は絶対にクラブを振らない。
それは、たとえるならカラー映像だ。
最初に私は飛ばしたい先を”見る”。鮮やかな緑の絨毯のど真ん中で、芝生の上にちょこんと乗った真っ白なボールを。
それから、すばやく画面が切り替わって、わたしはそこへ至るボールの動きを”見る”。
弾道、軌跡、形、着地後の跳ねかたまでも。
そしてフェードアウト。切り替わった画面には、さっき見た映像を現実化するためのスイングが映し出されるという寸法だ。』
ジャック・ニクラウス 著書『ゴルフ・マイ・ウェイ』より

レッスン記事はスマートフォンで読むことができます

レッスン記事はスマートフォンで読むことができます

レッスン書や動画はパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットで参照できます。
(このページをご覧になっているスマートフォン、タブレットでプログラムを視聴できます。もちろん印刷もできます。)

練習の合間、ゴルフ場での待ち時間、通勤電車でレッスン記事を読むことができます。
あなたはスイング改善で悩んだとき、いつでもレッスン書の内容を確認できます。
あなたは空き時間や寝る前にスイング動画を見てイメージトレーニングができます。

あなたがこのプログラムで手に入れるものは


この教材には、「本物のダウンブローへの道のり」の全てが、書かれています。

私のように苦労をすることなく、あなたは、上達の最短ルートを歩くことになります。

この教材で、あなたが得るものをまとめます。

  • ザックリ、トップ、スライス、フック、シャンクで悩むことが無くなる
  • 冬の薄い芝でも、夏のフカフカの芝の上と同じように力強いショットを打てる
  • 自己流のスイングから、理想のスイングへと進化する
  • 好調、不調の波が小さくなり、良い状態でスイングが安定する
  • 「体重移動」、「コック」、「グリップの強さ」など細かい悩みがなくなる
  • アイアンの飛距離が伸び、方向性が安定する
  • 5ヤード刻みで飛距離を調整できるようになる
  • ロングアイアンでも、切れのある、力強いボールが打てる
  • 体への負担が少ないスイングなので、高齢になっても飛距離がおちず、故障も少ない
  • ボールを打つ感触が良くなる
  • などなどになります。

想像して下さい。
150ヤードをまるでアプローチようにショットできたららどんなふうか、
トップやダフリがなくなり、力強いショットで、いつでもピンを直接狙えるゴルフはどんなに楽しいでしょうか?。

マニュアルには、あなたのゴルフを次のレベルににするために必要な答えが、ほとんどすべて書かれています。
あなたの急激な上達に、ゴルフの友人やライバル達は驚くでしょう

あなたのゴルフからトップやダフリを完全に取り除き
アイアンの飛距離が1番手以上伸びてしまう
このレッスン書はいくらなの?

このノウハウは才能が全くなかった私が、競争率の高いアメリカのゴルフの世界で生き抜くために血の出るような練習を積み、もがき苦しみながら失敗や挫折を繰り返し試行錯誤して作り上げた理論です。

そんなノウハウに対して、あなたはどれほどの価値を感じていただけるでしょうか?

私がお客様にお伝えしている『吉本理論』は、どのスクールの系列・派閥にも属しておりません。どのゴルフ協会の理論にも属しておりません。吉本理論は私が全て0から構築したゴルフ理論です。

ですから、あなたが『吉本理論』を学ぶためには、私から直接レッスンを受けるか、
私の作成したレッスン書を読むしかありません。

私がこのレッスン書の内容を直接指導するとなると、最低でも10日間は個人レッスンが必要です。
仮に、2時間の個人レッスンを10日間行うと、そのレッスン費は16万近くなります。

ですから、このレッスン書は最低でも16万の価値があると考えています。

しかし、レッスン書を16万円にしてしまっては、

『1人でも多くのゴルファーにゴルフをもっと楽しんでもらいたい』

という私の信条を達成できません。

ですので、今回はこのレッスン書を3万円でご提供させていただこうと考えました。

正直、私が血のにじむような努力をして体系化し、更に、レッスン書を完成するために、私だけでなく、アシスタントや他のコーチにも協力を頂きました。
そのレッスン書が3万円では、あまりにも安すぎるかもしれません。

ですが・・・

私がいくら大きな価値を感じていたとしても、
「どんなに練習しても、アイアンショットのミスが減らない」

とあなたが悩んでいるのであれば・・・

あなたと、同じ思いをし、その辛さを知っている私としては、
あなたに、このレッスン書を実践していただき、「ゴルフを上達する感動」を味わっていただき、その思いを共有したいと思っています。

ですので、

このマニュアルは一定期間、半額の14,980円でお譲りしたいと思います。(後日値上げいたします)

画像

それでもまだ高いと感じるようでしたら、これ以上はおすすめいたしません。

それは、 私はゴルフを上達したいと真剣に考えている方だけに、実践していただきたいと思っているからです。

キャンペーン終了後
通常価格に戻させていただきます

通常の価格3万円ですが、より多くの方のためになればと思いキャンペーン中は、14,980円で提供させていただきます。

キャンペーン終了後は通常価格に戻させていただきます。

さらに期間限定の無料特典!
「100ヤード以内のショットを安定させる方法」

あなたは、「100ヤード以内のショット」でグリーンを外して、くやしい思いをしたことはありませんか?

意外に思うかもしれませんが、殆どのアマチュアゴルファーは、1ラウンド中に、3回〜5回も100ヤード以内の距離の短いショットで グリーンを外しています。

つまり、短いショットを安定させるだけで、スコアを3つ〜5つも伸ばせるのです。

ただし、短いショットを安定させるには、コツがあります。
コツがわかれば、短いショットは簡単になりますし、 知らなければ、いつまでも短いショットに苦労することになります。

もし、あなたが「短いショットが安定しない」と悩んでいるなら、 この「100ヤード以内のショットを安定させる方法」がお役に立てるでしょう、

このレポートの中では、こんなことをご紹介しています。

  • なぜ、100ヤード以内の短いショットでグリーンを外してしまうのか?
  • そして、どう対処すれば良いのか?これを知るだけで「100ヤード以内の短いショットって簡単なんだ!」と実感頂けます。

  • 短いショットで、ダフリ、芯に当たらない、シャンクになる理由と解決策
  • タイガー・ウッズもこの方法を使って、ショットの精度を高めています。

  • 「ショートアイアンの飛び過ぎ」を防止する方法
  • ショートアイアンで、想定よりボールが飛びすぎてしまうと、グリーンの奥にボールが飛んでしまい、スコアを大きく崩してしまいます。ショートアイアンの飛びすぎを防止する、簡単な方法をご紹介します。

  • ショートアイアンのフックを防止する方法
  • ショートアイアンでフック(ボールがつかまり過ぎて、左に飛ぶ)になると悩んでいませんか? これを一度知ってしまえば、もう二度とフックに悩むことはなくなるでしょう。

  • 100ヤード以内のショットを正確にする、シンプルな方法
  • あなたのスコアが突然良くなったのを見て、友人たちは首をかしげるでしょう。

などなど、、、 どれ1つとっても、あなたのスコアアップのヒントになると思いませんか? 『ただし、気をつけて下さい。』 この無料特典がもらえるのは、キャンペーン中のみです。

キャンペーン終了後は通常価格に戻り、限定特典がなくなります。

あなたが本当にゴルフを上達したいなら、
“今すぐ”行動することをお勧めします

もし、あなたが、このレッスン書を活用することで、近日中にベストスコアを更新できるとしたら、 すぐにでも実現させたいと思いませんか?

あなたの前には、ゴルフを上達する早くて確実な道があります。
これ以上「ゴルフを上手くなりたい」と悩む必要があるでしょうか?

今、行動して、1ヶ月後に ベストスコア更新できるとします。

もし、あなたが5年後に、やっと初めて行動したとしたら、どうなりますか?

行動が5年遅くなるということは、
『もっと、ゴルフを楽しめたはずの5年間を失う』ことを意味します。

もし、あなたが本当にゴルフを上達したいと願うなら、
今すぐ行動されることをオススメします。

私が準備できるのは、理想のアイアンショットを手に入れる早くて確実な道だけです。
実際にあなたがゴルフを上達するには、あなたが行動する意外にないのです。

今、あなたの前には2つの道があります。

1つは、今までどおりのゴルフを続ける道。

1つは、理想のスイングを身につけ、今より、数段上のレベルでゴルフを楽しむ道。

どちらの道を選ぶかは、あなたにおまかせいたします。

私、吉本巧からあなたへの返金保証です。

このトレーニングメニューは、既に誰が実践しても結果がでる実績とデータがあります。
ですから、このプログラムには返金保証がついています。
これは、絶対の自信があるからこその保証です。

  1. この教材を購入して180日間、ゆっくりでいいので実践してみてください。もしも何らかの理由で気に入らなかった場合(文章が気に入らないとか、ただ何となくとかでも構いません)、メール一通であなたがお支払いになった金額を、15日以内に全額返金いたします。その際、決済手数料や振込み手数料などあらゆる費用をこちらで負担いたしますので、安心してメールしてください。
  2. もし180日を過ぎてしまっても、この教材の中でご紹介した知識や練習を実践していただいたことを示していただければ、そしてそれにもかかわらずベストスコアが更新できなかったというであれば、購入後365日まで同じように全額返金いたします。この場合も、かかった手数料などは全て私が負担いたします。
  3. 万が一返金を申し出てこられたとしても、教材は全てあなたのものです。返品する必要もありません。私を信用して、貴重な時間を割いてくれたあなたへのお詫び、そして感謝の気持ちだと思っていただければと思います。
  4. この保証を悪用すれば、あなたは文字通り完全にタダでこの教材の全てを手に入れていただくことが出来ます。しかし、そんなことをするゴルファーはいないと信じているからこそのこの保証ですので、返金を申し出てこられたあとも、私とあなたは変わらずゴルフを通じた友人であることを誓います。

レッスンプロ 吉本 巧

キャンペーン終了後は通常価格に戻り、限定特典がなくなります。

速効!ゴルフダウンブロー上達術 〜『ハンドファーストでダウンブローにボールを捉える方法』〜
速効!ゴルフダウンブロー上達術
〜『ハンドファーストでダウンブローにボールを捉える方法』〜
著  者 吉本 巧
価  格 14,980円
ページ数 517ページ(PDFファイル)
内  容 アイアンスイングの理想系である『ダウンブローにハンドファーストの形でボールを捉える』をマスターするためのゴルフ上達レッスン書。
特  典
  1. カットスライスを修正する方法
  2. スイングを修正する正しい順番
  3. スコア100を切るための重要な3つのメンタルポイント
  4. ショートパットを外してしまう原因ベスト5とその対策法
  5. ドライバーの飛距離をアップさせる方法1
  6. ドライバーの飛距離をアップさせる方法2
  7. ドライバーの飛距離をアップさせる方法3
  8. パター上達ドリル1(芯でボールを捕らえる)
  9. パター上達ドリル2(ストレートなストローク)
  10. パター上達ドリル3(フェースコントロール)
  11. パター上達ドリル4(ダフリ、トップ防止)
  12. スイング動画ファイル(イメージトレーニング用)
保  証 365日 全額返金保証

「今すぐ、2年でベストスコア63を出した、ゴルフが上達する方法を知る」

Sample

※特定商取引法に基づく表記

★全てダウンロード教材で、CDや冊子などの配送は行っておりません。
★お申し込みは3分ほどで完了します。
★お申し込み後、直ぐにマニュアルを読むことが出来ます。


お支払い方法は以下からご選択できます。

クレジット決済
決済後すぐに商品をダウンロード
対応クレジットカード

※カードご利用先には、決済会社名「インフォトップ」と記載されます

銀行・郵便局振込み
お振込み確認後のダウンロード
コンビニ決済
決済確認後のダウンロード
対応コンビニ
BitCash
決済確認後のダウンロード
BitCash加盟店

※個人情報はSSL(高度暗号化)通信により完全に保護されます。


ここで、推薦者、実践者の声をご紹介します。

上達への道が切り開けること間違いありません

菊地 あつ子プロ

菊地 あつ子(きくち あつこ)プロ

日本LPGA会員
1995年 当時の史上最年少でプロテストに合格
1997年 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント 4位タイ
GUY’Z(ガイズ)ネクタイ代表

初めまして!日本LPGA会員の菊地あつ子です。

私が推薦する、吉本巧コーチの「ゴルフ ダウンブロー上達術」は、ダウンブローとは何か?ハンドファーストとは何か?を文章と画像でとても分かりやすく説明してくれています。

アマチュア選手の中には、「ダウンブロー」や「ハンドファースト」の本当の意味を理解しておらず、間違って解釈している方が結構いるのでは?と思います。

「ダウンブロー」と「ハンドファースト」の本当の意味を理解していれば、理想的なスイングもイメージしやすくなります。また、スイングの体得、修正も早くなります。

吉本コーチの執筆した「ゴルフ ダウンブロー上達術』を読んでいただき、正しい「ダウンブロー」と「ハンドファースト」を理解していただければ、上達への道が切り開けること間違いありません。

このレッスン著を読み終える頃には、皆様の目標達成に近づいているはずです。皆様の上達を心より応援しています!

一人でも多くの悩んでいるアマチュアゴルファーの方に
このレッスン書を読んでもらいたいと思います

金岡 和彦コーチ

金岡 和彦(かなおか かずひこ)コーチ STEP BY STEP ゴルフスクール大阪 代表

こんにちは。『STEP BY STEPゴルフスクール大阪』代表の金岡和彦です。私は、吉本巧コーチのもと、『吉本理論』を学びプロコーチになりました。その吉本巧コーチがこの度、3作目の電子書籍を出版されます。

私自身、吉本コーチに直接指導していただきました。吉本コーチのゴルフに対する考え方や探究心にはいつも驚かされています。常に前向きでゴルフへの情熱たるものは、本当に素晴らしい!の一言です。

長年かけてご自身が構築されたゴルフ理論やゴルフ哲学がこの『ゴルフ ダウンブロー上達術』ではかなり斬新な切り口で解説されています。アマチュアゴルファーが、勘違いしやすい部分を、多くの写真で明確に説明されており非常に理解しやすいです。

この『ゴルフ ダウンブロー上達術』では、ダウンブローにハンドファーストでボールを捉えるために必要な要素が紹介されています。ダウンブローにショットするために、一つずつ丁寧に、細かくポイントが解説されています。今まで悩んで答えを出せなかった事も、このレッスン書では正しく分かりやすく書かれています。 体験者の私が言うので間違いありません。

吉本コーチに出会うまでかなりの遠回りをし、時間を無駄にしてきました。正しい理論で練習するのが上達の近道です。このレッスン書があなたを上達に導いてくれるはずです。

一人でも多くの悩んでいるアマチュアゴルファーの方にこのレッスン書を読んでもらいたいと思います。ぜひあなたもターフの取れるダウンブローを身に付けて下さい!

“ダウンブローにボールを捉える”を迎えるエッセンスが集約!

高見澤 祐ニプロ

高見澤 祐ニ(たかみざわ ゆうじ)プロ 日本プロゴルフ協会ティーチングプロ A級

「ハンドファースト」、「ボールの先のターフをとろう」、「すくい打ちを直す」etc・・・。このような内容が、あらゆるレッスン書、雑誌などに毎週のように書かれていると思います。

「でも実際にどうしていいか分からない」、「どうやっても上手くいかない」、「イメージは分かるんだけどチェックの仕方が分からない」、そんなア マチュアゴルファーの声をよく耳にします。その声に応えてくれるレッスン書、それが吉本巧コーチ執筆の『ゴルフ ダウンブロー上達術』です。吉本コーチは、競技者としてのライバルでもあり、尊敬するコーチの一人でもあります。

その吉本コーチが、“ハンドファーストでダウンブローにボールを捉える”はどのような形なのか?どのような準備が必要か?とい うことに特化して詳しく解説してくれています。文字ばかりの読みづらいレッスン書と違って、セットアップ、バックスイング、トップのポジション、ダウンス イングなど、各ポジションの説明にスイング画像を入れながら解説されているので、非常に分かりやすく読みやすい作りになっています。

しかも、電子書籍なので、スマートフォンなどにダウンロードして、ちょっとした空き時間に読めるのもグッド!この本であなたも“本物のダウンブロー”を体感してみてください!『ゴルフ ダウンブロー上達術』オススメです。

上達しているのが自分でも実感できています

H.S様

H.S様(アマチュアゴルファー 兵庫県神戸市)

吉本巧コーチに出会う前、私は某レッスンスクールに通い続けていました。ですが、スライスが悪化したり、教え方にも熱意、誠意が感じられなかったりしたため、脱会しました。それがきっかけで吉本コーチに出会いました。

吉本コーチに私の悩みや目標を伝えたところ、アメリカで培ってきた理論を熱く語ってくれたのが衝撃的でした。吉本コーチは日本で浸透しているゴルフ理論の『都市伝説』を否定し、斬新で新しい理論を私に教えてくれました。

現在、月に一度のレッスンを受けていますが、打球が強くなっただけでなく軽いドローボールになり上達しているのが自分でも実感できています。

この『ゴルフ ダウンブロー上達術』ではダウンスイング以降の肩や腰、足の動きの注意点が細かく書かれています。一言でダウンブローに打つといっても、身体に染み付いて いる『手打ちスイング』や『スイング中に腰が浮く』などといった、悪癖の修正はなかなかに大変なことです。ですが、このレッスン書にあるポイントを一つ一 つマスターしていくとダウンブローに打つことが可能になります。

『ダウンブロー』にボールを打てた時には、耳や手から伝わる素晴らしい打感、驚きの飛距離、方向性を手に入れることができます。これからの私の目標は、ダウンブローに打つことが当たり前にできるようになるよう現在のスイングを安定させていくことです。

ダフリやトップが大幅に減りました

水野 善仁様

水野 善仁(みずの よしひと)様(東京都30代)

吉本巧コーチが執筆された『ゴルフ ダウンブロー上達術』を読む前までは、私はハンドファーストではなく、ハンドレイトの『すくい打ち』になっている状態でした。そのため、ダフり球やトップ球がなかなか直らず全くスコアをまとめることができない状態でした。

私自身、長年様々なプロに『すくい打ち』を直す方法を聞いて回りましたが、全く改善されることはありませんでした。ですが、このレッスン書の中に ある『ダウンスイング時に右肩を回す』というポイントを実行することにより、すぐにハンドファーストの形を作ることができるようになりました。多くのプロ に聞いて周りましたが、この吉本コーチのスイング理論は、今まで一度も聞いたことがないスイング理論でした。

私は長年、インパクトは体の正面でするものだと思っていました。ですがこれは全くの間違いだったのです。インパクトは体の正面でしてはいけなかっ たのです。自分の意識と逆のことをするというのは、始めはとても抵抗がありました。はじめは、半信半疑ではありましたが、まずはハーフスイングで思い切っ て右肩があごの下に来るよう、ダウンスイング時に右肩を意識してボールを打ってみました。そして、スローカメラで自分のスイングを撮影して見てみたとこ ろ、ハンドファーストの形になっていたのです!びっくりし感動しました!

その後練習を続けたところ最近ではボールを打った時の音が変わりはじめ、当たった時にフェースにしっかりボールが乗る感触が出てきました。

吉本コーチのレッスンの特徴は、アメリカの最新理論を元に、スイングの一つ一つの動きを細かく説明してくれるという点です。今までのレッスン書にあるような押し付けレッスンでなく、理想的な形を作るための方法を明確に教えて頂けるところが素晴らしいと思います。

このレッスン書の内容を実行すると以前に比べ、ダフリやトップが大幅に減りました。まだまだ安定しない時もありますが、レッスン書の内容を実行し ていくとハンドファーストの精度がアップしていくと確信しています。今後はフルスイングでもしっかり右肩の動きを意識してより安定してハンドファーストにボールを打てる事が目標です。

ボールの左にターフが取れるようになった!

西村 修さん

西村 修(にしむら おさむ)さん

文京区議会委員 文京委員会理事・地域振興街づくり調査委員会理事

こんにちは。西村修です。

そもそも私は「ダウンブロー」とは一体何なのか 全く理解していませんでした。ボールが飛べばそれでいいのでは?と力まかせにボールを打っているだけでした。実際にゴルフをしているときは、それほどクラ ブヘッドの軌道はシャフトの軌道を気にせずにスイングしているだけでした。

このレッスン書は本当にすばらしい。私の本能で、腕と腰はしっかり使っていることを自覚していましたが、肩の動きがこれほど重要だったと気付かさ れました。私は腕と腰の動きだけにとらわれており、肩の動きを全く意識していなかった!肩の動きを取り入れることにより、ボールの左側にターフが取れるよ うになりました。

ボールの右側にターフが取れる人や、全くターフが取れない人におすすめしたいレッスン書です。私はこのレッスン書でゴルフがますます楽しくなりました。今年はベストスコア更新を目指します。

写真も多く非常に分かりやすい

大分県 森さん

アイアンをダウンブローで打つ事は知っていましたが本当に理解していないことが分かりました、コースでも8割ターフは取れず正面で打っていたような気がします。
内容は写真も多く非常に分かりやすい作りになっていると思います、まだ手に入れたばかりで実践出来ていませんが、もう一度最初から読み直しひとつひとつ実践してみます。 ダウンブローの打ち方の知識ができただけで今後の練習の意識が変わると思います。

アイアンのダフリがなくなりボールを打つ音が変わりました!

茨城県 63歳 男性 会社員 ゴルフ歴20年 平均スコア 85


バックスイングでの右手の使い方に難があり、脇が空く癖がありました。ダウンブローに正確に打てなかった。 最下点がボールの手前になり、雨の日は特にアイアンが飛ばなくなることが多かった。 フォローでは、左ひじが引けることも多く、大きなフォローが上手く出来ませんでした。 70台も出るが、80台後半も出るなど、最近特に不安定。 アイアンで自信を無くしていました。 これまでも色々な教材を購入し、試してきましたが、なかなか目立った効果が出ませんでした。
購入してから2回ラウンドしました。 冬のコースの難しさもありますが、2回とも80台前半です。
ショットは大変良く、アプローチやパッティングがもうちょっと良ければ、 楽に70台が出た気がします。
左手の使い方、腰の高さ、バックスイングのもって行き方等で特に自信が出て、
厳しいコース設定場面でも思い切って打てるようになりました。 
飛距離はドライバーで10Yほど伸び アイアンでは、特に4I、5Iで距離が出ているように感じます。
アイアンでは、ダフリがなくなりボールを打つ時の音が明らかに変わりました。

左への引っ掛けが減ったように思います。

写真をたくさん使って、克明に、詳細に、繰り返しながら説明している点がほかの教材と違うところですね。 読者の立場に立って、親切に作っているなと感じました。 腰と肩の関係についての説明が特に気に入りました。
これからもっと成果が出るだろうと予感しております。今後が楽しみです。 他の友人にもこの教材の良さを説明し、紹介していきたいと思います。

びっくりするほど、ボールがつかまりました

きっく様 東京都 50才 男性 会社員

アイアンがダフルため、ボールのつかまりが悪いと悩んでいました。
早速、自宅で何度か再現できるように素振りをしました。

確かに、指南書の方法だと前にターフが取れる感覚がわかりました。
本日、初めて練習場で打ちましたが、はじめからダフる事なくボールが捕まる感覚がありました。

びっくりするほど、ボールがつかまりました。
グリップ、握力調整、肩に力が入れない、右足を固定、左肩から並行移動と順に動作をゆっくりと行うと、ほぼストレートボールが連続して安定しました。

ダフリがかなり減ったことで、ボールのつかまる確率が向上し、左手のダメージもなく、楽に飛ばせます。

練習上では、ダフっても前に飛ぶので、コースでは今回の修正が効果的ではと思っております。

テキストも写真が多くは想像以上にわかりやすかったです。本当にありがとうございました。

藁にもすがる思いで購入しました

東京都 47才 男性 会社員 

アイアンが苦手で、藁にもすがる思いで購入しました。

マニュアルの感想は知りたい点が効率よく網羅されている。
課題別に区分けされているので、興味のある点を繰り返し見やすい

全体的には理屈では頭にあったことが大半でしたが、腰の動きのところは大変参考になりました。(アイアンだけでなく、ドライバーでも)

本当によかったです

山口県 35歳 男性 ゴルフ歴1年 平均スコア130前後 

会社の付き合いでゴルフをする事になりました。止まってる玉を打つので簡単なイメージでした。
練習場に初めて行って全然玉あたらず、当たったと思えばあっちこっち。
何とかアイアンでまっすぐ飛距離を出したくて購入しました。

基本がわからなかったから、写真つきでとても分かりやすく、とりあえず教材を見ては素振りの毎日。

練習場でアイアンで打ってみると力強い球が飛んで行きました。

もっと練習して教材のフォームを身に付けたいです。
本当によかったです。

自分が今まで打ちたかった「吹き上がっていく」弾道になりました

K.T様 岡山県 44歳 男性 会社員 ゴルフ歴7年 平均スコ ア100前後

私は某ゴルフスクールに5年程通っているのですが、どうしてもダウンブローに打てませんでした。
そのため少しでも参考になればと思い購入しました。
今まで腕を振れば肩は勝手に回るものと思っていたので、肩の回転を意識したことはありませんでした。
一度練習に行っただけですが、肩の回転を強く意識してクラブを振ってみると球の弾道が「ぽわーん」とした弾道ではなく、自分が今まで打ちたかった「吹き上がっていく」弾道になっていました。

想定されるご質問

自分は、いろんなゴルフ上達の方法を試したのに効果がありませんでした。
こんな私でも必ず効果がありますか?
はい、効果があると自信を持っています。
私がお伝えする、吉本理論のモットーは
・どれほどゴルフの才能がない人をも上達させること
・生まれ持ってゴルフが上手くないゴルファーを最強のゴルファーにすること
この2つです。
「今まで何をやっても駄目だった」という方の上達のお手伝いをすることは私が得意とすることです。ただ、内容にご納得頂けない可能性もあるので、返金保証をつけています。
もし、効果がないと思ったらすぐにメールでご連絡下さい。返金をさせていただきます。
まったくの初心者ですが、そんな私でも本当に上達できるんですか?
はい、むしろ初心者の方がスムーズに上達できることも多いです。
ゴルフ暦が短いので、まだ癖がついていない初心者の方は、スムーズに上達できますので安心してください。
PDFファイルを読んでゴルフスイングを理解できるとは思えないが、
大丈夫ですか?
はい、大丈夫です。
写真を多数使って解説していますし、動画より、静止画と解説の方が気になる箇所をゆっくりと確認しながら実践できるというメリットがあります。
紙に印刷されたレッスン書とは違い、PDFファイルなので、スマートフォンを使って練習場や、ゴルフ場で空いた時間に確認できるというメリットもあります。スイングイメージ動画も見ながら実践して下さい。
返金保証って本当ですか?
ご安心下さい。
レッスン書の内容に自信があり、お客様に安心して頂きたいから、返金保証をつけさせていただきました。
私は現役のゴルフコーチとして活動しています。
お客様の信頼を損ねるようなことをしては、今後、お仕事ができなくなります。
もし、レッスンの内容に少しでも不満がありましたら、メールを1通お出しください。購入金額の全額をお返しします。手数料なども全てこちらで負担させて頂きます。
練習をしないでも、レッスン書を読めば上達しますか?
うーん、それは難しいですね。
上達する具体的な方法をお伝えすることはできるのですが、実際に練習をして頂けなければ、効果をだすのは難しいです。
あなたが、本当に上達したいと思った時に、またお会いできれば嬉しいです。
スコアアップにはショートゲームの方が重要では?
確かに、スコアアップにはショートゲームが重要です。
ただ、アイアンとアプローチは基本的な考えは一緒なので、ハンドファーストでダウンブローにボールを捉えるとアプローチも上達します。
更に、スコアアップのためにはショートゲームも重要なので、パター上達ドリルを補助教材としてプレゼントします。
ショットが安定すると、アプローチや、パットも今までよりピンに近いところから打てるのでゴルフが楽になりますので、ショットが良くなるとアプローチ、パット数も減ってきます。
「ダウンブロー上達術」とありますが、ドライバーも上達しますか?
はい、このレッスン書はドライバーの上達にも有効です。
ダウンブローのスイングは、アイアンもドライバーも飛距離がアップします。
ドライバーと、アイアンのスイング的な違いは、ほんの少しなので、このレッスン書の内容を実践すれば、アイアンもドライバーも飛距離と方向性が良くなります。
また、ドライバーの飛距離を伸ばすことを重視している方も多いので、
ドライバーの飛距離アップについては、補助教材としてプレゼントさせて頂きます。
追伸 1

最後に、なぜ、私がこのレッスン書を世に出すことにしたのか、お話させてください。
私は、いま現役のレッスンコーチとして、多くのアマチュアや、ツアープロにレッスンをしています。
この仕事をしていて、一番嬉しいのは、

お客様から「吉本さん、ゴルフが上達して、面白くなってきたよ♪」
と笑顔で言われるときです。

ですから、あなたにもゴルフ上達の喜びを感じて欲しいのです。
このレッスン書をあなたが実践してくれるなら、ベストスコア更新の喜びを感じていただけると約束します。

それでは、レッスン書の中でまたお会いしましょう。


レッスンプロ 吉本 巧
追伸 2

忘れないでください。この教材には365日の返金保証がついています。

「迷っているのなら、とりあえず申し込んで、内容を確認して、少しだけでもいいから試してみてください。」

あなたの時間は何よりも貴重です。だからこそ迷っている時間が何よりももったいないのですから。

レッスンプロ 吉本 巧

キャンペーン終了後は通常価格に戻り、限定特典がなくなります。

速効!ゴルフダウンブロー上達術 〜『ハンドファーストでダウンブローにボールを捉える方法』〜
速効!ゴルフダウンブロー上達術
〜『ハンドファーストでダウンブローにボールを捉える方法』〜
著  者 吉本 巧
価  格 14,980円
ページ数 517ページ(PDFファイル)
内  容 アイアンショットの理想系である『ダウンブローにハンドファーストでボールを捉える』をマスターするためのゴルフ上達レッスン書。
特  典
  1. カットスライスを修正する方法
  2. スイングを修正する正しい順番
  3. スコア100を切るための重要な3つのメンタルポイント
  4. ショートパットを外してしまう原因ベスト5とその対策法
  5. ドライバーの飛距離をアップさせる方法1
  6. ドライバーの飛距離をアップさせる方法2
  7. ドライバーの飛距離をアップさせる方法3
  8. パター上達ドリル1(芯でボールを捕らえる)
  9. パター上達ドリル2(ストレートなストローク)
  10. パター上達ドリル3(フェースコントロール)
  11. パター上達ドリル4(ダフリ、トップ防止)
  12. スイング動画ファイル(イメージトレーニング用)
保  証 365日 全額返金保証

「今すぐ、2年でベストスコア63を出した、ゴルフが上達する方法を知る」

Sample

※特定商取引法に基づく表記

★全てダウンロード教材で、CDや冊子などの配送は行っておりません。
★お申し込みは3分ほどで完了します。
★お申し込み後、直ぐにマニュアルを読むことが出来ます。


お支払い方法は以下からご選択できます。

クレジット決済
決済後すぐに商品をダウンロード
対応クレジットカード

※カードご利用先には、決済会社名「インフォトップ」と記載されます

銀行・郵便局振込み
お振込み確認後のダウンロード
コンビニ決済
決済確認後のダウンロード
対応コンビニ
BitCash
決済確認後のダウンロード
BitCash加盟店

※個人情報はSSL(高度暗号化)通信により完全に保護されます。


ページの先頭へ